博多旧市街

博多駅、祇園、川端周辺の1平方キロメートル内には45寺社あり、密集度は全国の中でも群を抜いています。
うどん・蕎麦発祥の地(承天寺)や、ういろう伝来の地(妙楽寺)など、歴史や文化を楽しめる魅力ある街です。

095のコピー.jpg
 

着物を「手軽に」「おしゃれに」「かっこよく」

一生の思い出に残る、素敵な撮影スポット満載です。
和の似合う町・博多

026のコピー.jpg

博多千年門を抜けると「承天寺通り」

世界でたった一つの想い出

博多駅から徒歩圏内の距離にある、趣のあるまちなみが残るエリア「博多旧市街 (オールドタウン)」 都会の喧騒を離れ、伝統的景観と情緒あふれるまちなみを散策しませんか?

承天寺

うどん、蕎麦発祥の地

仁治3年(1242)に創建された承天寺。
承天寺を開山した円爾が、宋から帰国した 際に、うどんやそば、お饅頭などの製造に必要な技術を持ち帰って来たといわれており、「博多祇園山笠」の発祥の地としても知られています。

083のコピー.jpg
046のコピー.jpg

妙楽寺

ういろう伝来の地

妙楽寺の広さは約6600平方メートルあるり、本堂裏の墓地には、黒田家重臣らの墓石が並び、豊臣秀吉の知遇を得て、戦国時代に荒廃した博多の街を復興させた豪商、神屋宗湛(かみやそうたん)の墓もあります。

 

着物deまちあるき

地域の魅力を再発見するマイクロツーリズム
誰でも5分ほどで簡単に着ることのできる着物をレンタルして、博多の街を散策しませんか?

235のコピー3.jpg

WeBase 博多

 福岡市博多区店屋町5−9

電話 092-292-2322

料金5,500円 (消費税別)

手ぶらでOK
ニャーピーとの記念撮影から散策スタート!

 一人で綺麗に着られる着物が終日レンタル可能!

朝8時から借りられて返却は21時まで。着物一式、草履、巾着、帯締め、髪飾りなど全て揃っています。シャワー(バスタオル1枚付き)によるボディケアでコロナ対策もバッチリ。

櫛田神社

博多の総鎮守

博多祇園山笠が奉納される神社で、飾り山笠が一年中展示されています。博多っ子からは「お櫛田さん」の愛称で親しまれています。
祭神は正殿に大幡主命(櫛田宮)・左殿に天照皇大神(大神宮)・右殿に素戔鳴尊(祇園宮)の三神で拝殿には3つの鈴が並んでます

260のコピー.jpg
220のコピー.jpg

東長寺

弘法大師が日本で最初に開山した密教寺院

空海(弘法大師)が日本で最初に創建したお寺です。真言密教が東に長く伝わるようにと祈願されたそうです。弘法大師が創建したお寺としては日本で一番古い霊場です。また、黒田家二代忠之公、三代光之公、八代治高公の墓所があります。真言宗別格本山

 
 
 

おすすめスポットを着物で散策!

最高のロケーション

「博多旧市街」の景観にふれ、歴史ストーリーや文化などの魅力を知り、和を感じる体験

115のコピー.jpg

台湾から日本に来た留学生

憧れだった日本への留学、これから過ごす「博多の街」着物を着て歴史ある寺社を歩いたことで、日本語だけでなく、このまちの伝統や文化もしっかり学んで行きたいと思うきっかけとなった素晴らしい体験でした。
今回「着物deまちあるき」で撮影した写真は、一生の宝物にします。

着物deまちあるき-Photo

着物レンタル、プロカメラマンによる撮影(3箇所15パターン、2.5時間程度)、データ80カット以上(デジタル補正済み)、フォトブック付き(お申し込み人数分)

1名料金40,000円(消費税別)~

2名料金74,000円(消費税別)~

弊社ホームページで使っているクオリティ高い写真を保証します。友人、仲間同士など、複数撮影の場合割引き特典あります。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

051のコピー.jpg
 

伊藤半次「戦地からの絵手紙」
平和学習、講演のご依頼はお気軽にご相談ください。

伊藤博文(伊藤半次の孫)

福岡市博多区で老舗の提灯店を営んでいた伊藤半次は、昭和15年に旧日本陸軍に入隊し、その後満州に出征、戦地に赴きます。兵士として戦地に行った後も残された家族に対して愛情あふれる絵や手紙400通も送り続けました。絵具や色鉛筆で描かれた色鮮やかな絵手紙の数々には、家族の事を思い浮かべながら想像して描かれた絵、そして駐屯地の四季の移り変わり、異国の人々の暮らしぶり、軍隊生活での出来事や近況などこまめに色んな事を伝えています。どの文面も明るく、描かれた人物にしてもほとんどが笑っており、家族一人一人を思いやり安心させようとしていたのが伝わってきます。しかし、愛する家族と暮らす平穏な日々を夢見ていた半次でしたが、その夢は無惨に打ち砕かれ昭和20年6月に沖縄で戦死しました。
時は流れ、戦争の時代を生き抜いてこられた方もすでに高齢化し、戦争体験を語り継ぐことが難しくなっています。
祖父の伊藤半次が描いた戦地からの絵手紙を通して、今を生きる私たちが、平和を考えるきっかけになるよう、戦地からの絵手紙を「未来へのメッセージ」として発信する企画展を開催したり、様々な場所で平和講話を行っています。

 
 

お問い合わせ

ピースアイランド合同会社
福岡県福岡市早良区百道2−4−41−416

092−407−1110

289.jpg
 
  • Facebook